top of page

須貝圭絵先生、GIVS2023でWin-Winの理念「精力善用 自他共栄」を紹介

ビジネスや組織の根底には、それを導く哲学がある。 その理念は、このビジネスをWin-Loseの関係に導くのか、それともWin-Winの結果に導くのか。 この問いに答えることは、今日のリーダーにとって極めて重要であり、柔道の創始者である嘉納治五郎が最初に紹介した「精力善用、自太共栄」という武道の哲学によって最もよく説明できる。

須貝圭絵先生、GIVS2023でWin-Winの理念「精力善用 自他共栄」を紹介

同志社大学社会価値研究センターと大阪大学大学院国際公共政策研究科 ESGインテグレーション研究教育センター(ESG-IREC)との共催で開催された2023年IAFORグローバル・イノベーション・アンド・バリュー・サミット(GIVS2023)での講演で、須貝圭絵先生は次のように述べた。 京都の智誠館道場創設者兼道場長であり、価値研究センター顧問の須貝圭絵先生は、望月合気道の「剣体一致の形」を例に、この「精力善用 自他共栄」の基本理念を紹介した。


また、稔心流武道の創始者である杵淵暢先生から教わった「理念を体感できる」背中合わせの動きを使い、短いデモンストレーションも行った。

これは、彼女がBIZ道トレーニング・プログラムの中で教えている主要なテーマの一つであり、GIVS2023での短いプレゼンテーションのためにアレンジされたものである。



閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page