「今日之我勝、昨日之我」「昨日の我に今日は勝つべし」                 柳生家の家訓


剣豪かつ徳川家指南役を努めた柳生家の家訓です。柳生正木坂剣禅道場で合宿をした数年前が懐かしく思い出されます。


新型コロナ感染者数が急激に増加している今、一昨年と今年、一昨日と今日を見つめれば、明らかに後退したと感じる事がある事でしょう。それでもこんな時だからこそ、自分自身から意識を逸らさず、冷静に、感受性を研ぎ澄ますことが重要です。小さな「気づき」でも向上には変わりありません。何か小さな事でも昨日より進歩があった時、目に見えなかったような気づきや心の変化があった時、それらの「気づき」を活かしていけば、未来が向上する可能性が大きくなるのではないでしょうか。


私の場合、先日門徒さんから受身について今まで聞かれた事のなかった質問を受けました。おかげでその事に関して深く意識を持って考える事が出来たのです。今まで意識していなかった事に、新たに意識を置く事で新しい発見が加わりました。その瞬間、私の指導法が少し向上したわけです。そしてその指導法を上級者達にも伝える事ができ、皆で新たな知識を共有できました。その新しい知識は何年も受け継がれていくものとなるのです。本当に小さな「気づき」が沢山の人達の知識となり得ます。


「今日之我勝、昨日之我」昨日の自分より少し向上する事が、未来へと繋がっていくのだと思います。明日のあなたが、今日のあなたより向上できますように。みんな。がんばろう。

閲覧数:61回0件のコメント

最新記事

すべて表示

恩送り